スワップ金利での稼ぎ方

世界にはたくさんの通貨がありますが、その通貨を扱っている経済圏の情勢などによって通貨の交換レートは日々刻々と変化していっています。そして色々な国の通貨を売買するのが私のような個人FXトレーダーや銀行・投資銀行・証券会社といった機関トレーダーです。個人でやる場合は、FX会社で口座を開設してやります。

金利の話になるのですが、高い金利の外貨をFX会社に預けている証拠金で買っておくと、日ごとに金利が付いてきて証拠金に加算されます。これをスワップ金利と言います。ですから今の日本円の金利はゼロに等しいのですが、これが仮に金利の高い国であるオーストラリアドルだとしたら、1日毎に金利分が加算されていくのです。

FXでは、基本的には稼ぎ方が通貨を安く買って、高く買ったら売る、その逆に空売りをする、スワップ金利の3つの稼ぎ方が出来ますが、一番シンプルでやっていて心配も無いのはスワップ金利かなと個人的には思います。

個人トレーダーは機関トレーダーのような派手でリスキーな取引はできませんから、スワップ金利で賢く儲けるのも一つの手です。

それではまた書きますね。

微妙すぎる東京時間

日本のGDP改定値が発表されました。

前期比の速報値は0.0%でしたが、
改定値では 0.2%に上方修正。
年率換算も0.2%から0.7%へ大幅に上昇しました。

GDP好調の結果を受けてドル円は
101.6円から101.8円まで上昇。

でもこれといった大きな変化は見られず、
とても静かな東京時間となりました。

前日のアメリカ株価が
肩透かしな展開だったのが、
響いているのでしょう。

市場を動かすかもしれないと
注目されていたベージュブックも、
微妙な内容。

でもここまで動かないとなると、
後が怖い。

日米の金融会合の行方を見守ることは重要ではありますが、
タイミングを見極めるのも重要かと…。

さて欧州時間です。

これといった材料が無いので、
引き続き難しい展開となるでしょう。

でもこういう時だからこそ
冷静になりたいものです。